「顔のシミが目立ってきたので何とかしたい…」

「中々そばかすが薄くならないんだけどおすすめの美白化粧品は無いの?」

あなたはその様な悩みはありませんか?

35歳から44歳のアラフォー女性300名にを対象にしたアンケートでは、8割の女性がシミを気にしているとのデータがあります。
またシミを気にしている反面、4割の女性が美白ケアを諦めているという結果も出ています。
(参照:「Kirei Style」で美白意識とシミ対策の実態を調査 4割ものアラフォー女性が美白ケアを諦めている)

この記事をご覧ということはあなたもシミやそばかすで悩んでいるのでしょう。
そういう女性のために今回はシミやそばかすに効果が期待できる美白化粧品をランキング形式で紹介したいと思います。
是非、参考にしてみてください。

忙しい人向けにランキングを先に掲載します。

1位

ビーグレンについて詳しく見てみる

2位

3位

年々こくなるそばかすでお悩みのあなた【フレキュレル】

4位

ホワイトニングリフトジェルについて詳しく見てみる

それではどうぞ。

シミやそばかすを消す美白化粧品ランキングはこれ

シミやそばかすを消す美白化粧品をランキング形式で紹介します。

1位 ビーグレン

ビーグレンの特徴

◆一人の博士が妻のために作り上げたドクターズコスメ

ビーグレンを作り上げたのは、ビバリーグレンラボラトリーズのブライアン・ケラー博士です。
博士は今から約25年前、カリフォルニア大学の薬学部の教授として教壇に立つだけでなく、がんや遺伝子の治療薬を、病気に侵されている患部にしっかりと届けるための研究開発を行っていました。
そんなある日、彼の奥さんがドレッサーの前でじっと自分の顔を見つめながら、目元や口元のしわを気にしているさまを目にし、妻が使っている化粧品はどんな成分が入っているのだろう?とふと気になり成分表示を目にしたそうです。
そこで博士はこれでは肌に浸透しないな、と気が付いたそうです。
翌日博士は自身が研究していた浸透テクノロジーを使って、ビタミンCを配合した美容液のようなものを試作品として作成し、その日から1週間奥さんに試してもらったそうです。
すると一週間後、奥さんからうれしい言葉が。お友達から美容クリニックでヒアルロン酸を打ったのかと聞かれたそうです。
その後、しわやたるみに効果がある成分と自身の浸透テクノロジーを駆使し、次々と効果的な化粧品を作り出し、そこから3年後、ビバリーグレンの母体となる会社を設立されたそうです。

◆お肌に効果をもたらす成分を、肌の奥まで届ける浸透テクノロジー

これまでの化粧品は、肌の表面をうるおい成分で覆うようなイメージでした。
ブライアン・ケラー博士は、自身が開発研究を行っていた薬の成分を皮膚から浸透させる研究から発明した「QuSome」(キューソーム)を化粧品に応用することで、有効成分を肌の奥まで届けるスキンケア製品を研究・開発することに成功したのです。

○ビーグレンの注目成分

1.QuSome(キューソーム)

QuSomeは、ビーグレン独自の浸透技術です。髪の毛の約500分の1の大きさのカプセルに美容有効成分を包み込み、角質層の奥まで送り届けるだけでなく、肌の中に長時間とどまることができます。
これにより、肌の奥まで有効成分を浸透させ、さらに効果を持続させることを可能としているのです。
通常は角質層のバリア機能に阻まれてしまい、肌の奥までに有効成分を届けることは難しく、肌表面にとどまりながら保湿を行うだけなので、一時的な変化にすぎません。
QuSomeを導入することで、肌の奥にしっかりと届けられますので、肌本来の力に変化をもたらすことが期待できます。

2.ハイドロキノン

出来てしまったシミを薄くするためには、色が濃くなってしまったメラニンを薄くする成分が必要となります。
ハイドロキノンは紫外線から肌を守りつつ、メラニンの生成を防ぐという従来の紫外線対策成分の特徴に加え、メラニンそのものにアプローチしていくことができます。
しかし、従来のハイドロキノンは、水溶性の成分であるため肌の油分に妨げられてしまい浸透しにくい成分であったため、肌の直接ぬってもメラノサイトがある真皮層まで届かないことが課題でした。
また、高濃度で配合すると肌への刺激が強いため、お肌が敏感な方にはお使いいただくことが難しい成分でもありました。
これらの課題を、ビーグレン独自のQuSomeを使用することで、小さな小さなカプセルの中にハイドロキノンを閉じ込め、皮脂に近い成分でコーティングできるので、皮脂を通過して角質層の奥までハイドロキノンを届けることができるようになったのです。
また、コーティングのおかげで肌への刺激も抑えることができ、肌への負担も軽減することにつながりました。

○ビーグレンはどういう人におすすめ?

すでにできてしまっているシミが気になる方

肌のトーンを明るくしたい方

何を使っても効果が実感されなかった方

美白したい方

敏感肌で美白化粧品に抵抗がある方

即効性があるものが好きな方

ドクターズコスメが好きな方

色素沈着を防ぎたい方

ビーグレンについて詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
ビーグレンについて詳しく見てみる

2位 アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトの特徴

富士フィルムが開発した、シミの骨に届き働くナノテクノロジー

アスタリフトはアスタキサンチンという抗酸化成分を使用して、アンチエイジングケアの基礎化粧品として安定した人気を得ているシリーズです。
そのアスタリフトから出たホワイトニングラインが、アスタリフトホワイトです。
アスタリフトホワイトの一番の特徴は独自の名のユニット技術で極小化した「ナノAMA」を開発した点です。
AMAとはセリ科のハーブである「センテラアジアチカ」に含まれている保湿や老化防止に効果的といわれている成分です。
通常は肌の表面にとどまってしまいますが、ナノ化してユニット化することで、角質層をすりぬけて狙った場所に効率よくしっかり届き働くようになっています。
この「ナノANA」と美白有効成分が、シミの原因となるメラニンの骨組みである「シミの骨」にしっかり届きアプローチします。

アスタリフトホワイトの注目成分

1.独自成分「ナノAMA」

約10㎛という大きさであった従来のANAを、約20㎚にまでナノ化することで、各層内部まで浸透するように開発しました。
高い保湿力とエイジングケアが期待できる成分です。
この成分と一緒に、美白有効成分であるアルブチンとビタミンC誘導体がシミの原因となるメラニンに働きかけることで、美白効果だけでなく、しっかりと肌に潤いも与えられます。

2.赤のチカラ、アスタキサンチン

抗酸化力のある成分として有名なアスタキサンチン。
アスタリフトシリーズの有効成分の要といっても良いこの赤い美容パワーは、コエンザイムQ10の約1000倍のハリ感をもたらすとも言われている成分です。

3.3種のコラーゲン

水溶性コラーゲン、浸透性コラーゲン、ピココラーゲンの3種を配合していますので、肌をうるおわせながらハリを与えてくれます。
それぞれ分子の大きさや働きが違うコラーゲンを配合することで、より効果が実感しやすくなっています。

アスタリフトホワイトはどういう人におすすめ?

エイジングケアと美白ケアを両方一挙にしたい

保湿ケアも重視したい

日本製のコスメが安心

気休めでない美白ケアがしたい

肌のハリもしっかりケアしたい

アスタリフトホワイトを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

3位 フレキュレル

フレキュレルの特徴

気になる「そばかす」を寝ている間に集中ケアできる医薬部外品コスメ

年々そばかすが濃くなってきた、子供のころからもう何十年もそばかすと一緒にくらしてきている、出産後一気にそばかすが増えてしまった…など、そばかすで悩んでいる方は鏡を見るたびに落ち込んでしまったり、ずっと消えないのかなと不安になることも多いのではないでしょうか。
このフレキュレルはメラニンの抑制とメラニンの排出を寝ている間にケアできるクリームタイプの超低刺激化粧品です。
香料、着色料、タール系着色料、紫外線吸収剤、パラベン、鉱物油不使用ですので、敏感肌の方や乾燥肌の方でも安心して使えるような処方となっています。

お客様の生の声を大切にして開発された安心の日本製

フレキュレルは20代~50代のそばかすが女性約5,000人のお声をもとに、質感や実感、高い品質を保てるよう徹底的にこだわって作られています。
その結果お客様満足度は92.7%と大変高くなっています。

フレキュレルの注目成分

1.メラニンを抑制・排出する5種類のそばかす対策成分

シミやそばかすの元となるメラニンの過剰生成を抑える主成分である「トラネキサム酸」やメラニンの生成を促進する物質の働きを阻止する「バイオベネフィティ」、メラニンの細胞内移動を阻止する「タイムエキス」、メラニン合成プロセスにブレーキをかける「アルピニアアカマツダイ種子エキス」、メラニンを排出する「シュガースクワラン」の5種類のメラニン抑制・排出を促す成分を配合しています。

2.5種類の保湿成分のパワーで保湿力、浸透力、持続力がバツグン

メラニン排出に使われる「シュガースクワラン」は保湿力も高い成分。これに「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」という3種のセラミドを配合し、さらに「キウイエキス」を配合することで、お肌に一番大切な保湿もパワフルに感じられます。

3.ビタミンCの270倍もの美白効果!油溶性甘草エキスをナノ化して配合!

メラニン色素の生成量を減少させるパワーを持つ油溶性甘草エキスは、ビタミンCの270倍の美白力があるといわれています。
その油溶性甘草エキスをナノ化することで、角質層を通過し、真皮層まで届けることができます。
効率的に有効成分を届けることができるので、より高い美白効果を引き出すことにつながったといわれています。

4.肌にやさしく働きかける32種類の植物由来成分

そばかす、エイジングケアが期待できる梅の実、そばかすケアのユキノシタなど、植物の力でエイジングケアと美白がかなえられる成分を配合しています。
お肌のハリの低下を防ぐ効果がある成分も入っていますので、そばかすケアだけではなく、アンチエイジングにも有効です。

フレキュレルはどういう人におすすめ?

先天的なそばかすが気になる方

年々濃くなるそばかすが気になる方

とにかくそばかすが気になる

敏感肌で美白・シミ・そばかす対策のコスメが合いにくい

寝ている間に簡単にケアしたい

コスメは日本製が安心

口コミの評価が高いものを使いたい方

フレキュレルを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。
年々こくなるそばかすでお悩みのあなた【フレキュレル】

4位 ホワイトニングリフトケアジェル

ホワイトニングリフトケアジェルの特徴

1つ10役!美白と保湿、マッサージもできる医薬部外品のオールインワンジェル!

美白を徹底的に行おうとすると、化粧水や乳液、クリームに加えて美容液やアイクリームなどどんどんアイテムが増えていってしまいますよね。
しかし、このホワイトニングリフトケアジェルなら、シミ対策スキンケアがたった1つでできてしまいます。
まず、薬用美容成分が、メラニンの生成を抑えることで、紫外線を浴びることでできてしまうシミの生成を抑制し、シミをしっかりと予防してくれます。
次にたっぷりと配合されたコラーゲンと、アンチエイジング成分として話題となったシコンエキスによって、乾燥しがちなお肌をたっぷりと保湿します。
シコンエキスには炎症を抑える力もありますので、万が一浴びてしまった紫外線からお肌を守る力もあります。
そして、このホワイトニングリフトケアジェルはマッサージクリームとしての機能にもとてもこだわって作られたジェルです。ダブルクリスタル製法による2層のジェルで、粘弾性をアップさせていますので、リンパを流し、血行を促すことで肌代謝を高め、肌のターンオーバーを促すことで肌のトーンを明るくしていくことにもつながるのです。

ホワイトニングリフトケアジェルの注目成分

1.薬効成分プラセンタ

プラセンタには、メラニンの色素に関わるチロシナーゼという酵素の働きを抑えてくれる役割があります。
また、炎症を抑える力や、紫外線やストレスによって発生する活性酸素からもお肌を守ってくれる力がありますので、メラニン色素が作られるのを阻止し、若々しいお肌へと導きます。
さらに、お肌の新陳代謝を高める力もありますので、できてしまったシミやくすみの色素を外へ外へと押し出して、色素を薄くしていく作用も期待できます。
ホワイトニングリフトケアジェルには、このプラセンタを高濃度で配合していますので、シミを予防し、白く美しい肌へと導きます。

2.シコンエキス

シコンエキスは、紫草という植物の根からとれるエキスのことを指します。
古くから皮膚病やケガ、やけどの薬として使われてきた薬草です。紫根エキスには血行促進作用や抗炎症作用がありますので、近年美容成分として化粧品にも使われるようになってきました。
シミやくすみができてしまった場合に、大切なことは血行を良くすることです。血行を良くし、肌のターンオーバーを促すことで、新しい皮膚細胞へと生まれ変わらせ、角質層に残っているメラニン色素も表皮まで押し上げていくことができますので、美白効果とシミ対策が期待できます。

ホワイトニングリフトケアジェルはどういう人におすすめ?

年齢肌のお悩みと美白の両方をケアしたい

あれこれ化粧品を増やしたくない

オールインワンタイプの化粧品が好き

美白だけではなく保湿にもこだわりたい

アンチエイジングもしたい

マッサージが好きだ

リピート率が高い化粧品を使いたい

ホワイトニングリフトケアジェルについて詳しく見てみるならこちら。
ホワイトニングリフトジェルについて詳しく見てみる

シミやそばかすを消すにはサプリメントの併用もおすすめ

美白化粧品だけではなくサプリメントも併用すると効果的です。
おすすめのサプリメントをご紹介します。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの特徴

シミだけではなく、国内で唯一「小ジワ」にも効果的な医薬品

ロスミンローヤルは、できてしまったシミやそばかすを内側からのアプローチで薄くしていくだけではなく、小じわや肌荒れ、乾燥を緩和するための女性用保健薬です。
シミに対する効果や効能が認められた医薬品は他にもありますが、「小ジワ」への効能が認められているのは、国内で唯一、ロスミンローヤルだけです。(2016年9月時点)

血行を促進し、冷え・肩こり・腰痛などの女性特有の不調も改善

ロスミンローヤルは、各種生薬が配合されており、それらの相乗効果によって血行を促進することで、女性特有の不調や腰痛、肩こり、冷え性、のぼせ、ほてり、めまいなどの不調にも効果的です。

巡りをよくする事で、シミ・しわになりにくいお肌へ

シミ・そばかす、小じわ、にきび、冷え性…。これらの女性のお悩みはすべて、血の巡りと大きな関わりがあります。
血液の大きな役割は代謝に必要不可欠な酸素や栄養分を体の隅々まで運ぶことができることです。
血行が悪くなってしまうと、お肌に必要な栄養分やお肌の生まれ変わりに必要な酸素が十分に届きませんので、結果的に肌の潤いが失われ小じわや乾燥につながり、できてしまったシミやくすみも、お肌の生まれ変わりが滞ってしまうことで定着しやすくなってしまうのです。
ロスミンローヤルは13種類の有効成分に加え、血行促進効果が期待できる生薬成分9種類を配合していますので、新陳代謝や体の水分調整にも効果を発揮し、小じわやシミ、そばかすに飲んで効くサプリメントとなっています。

驚きのリピート率と満足度

累計50万箱を突破しており、女性医師への調査では97.6%の医師がロスミンローヤルを飲み続けたいと回答したことから、その効果を実感されている方が多いサプリメントであることがわかります

ロスミンローヤルの注目成分

1. L-システイン

L-システインはアミノ酸の一種です。新しい肌が真皮層で作られてから、表皮層まで押しあがり、赤として剥がれ落ちるまでの代謝を行う中で、常に美しい肌を保ってくれるのがこのL-システインです。
体内に含まれている酵素のうち30%がL-システインと似た分子構造となっているので、酵素の材料となることで代謝を活性化し、肌の生まれ変わりを助ける効果が期待できます。
これにより、シミやくすみが気になるお肌に効果的であると考えられています。
また、L-システインには、シミの元となるメラニン生成の元となるPOMCが作られるのを防ぐことで、チロシナーゼというシミの原因になる酵素が生成されるのを抑える効果があります。
さらに、一度できてしまったメラニンが黒色メラニンにならないように働きかけてくれますので、シミが濃く定着していくことも防ぐ効果が期待できます。

2. トウキ末

トウキ末は当季という生薬の粉末です。セリ科トウキ属の植物の根を乾燥させたもので、セロリに煮た香りを持ちます。
肩こりや腰痛、女性ホルモンのバランスを整える力や冷え性の方にも効果的といわれているので、血行不良に伴う女性特有のお悩みに効果的です。

3. センキュウ

センキュウはセリ科のセンキュウのひげ根を除いた根茎を湯通しし、乾燥させたものです。
センキュウは補血、強壮、鎮痛などに効果がある生薬ですので、貧血症や冷え性、じんましんなどにも効果的な生薬です。

4. ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは孵化してから数日の若い働き蜂が体内で作り出す成分です。
女王蜂になるために大切に育てられている幼虫にのみ与えられます。
女王蜂になる幼虫は、特別な卵から生まれてきたわけではなく、働き蜂と同じように生まれます。
しかし、孵化してからずっとローヤルゼリーだけを与えられて育てられるので、働き蜂よりも2倍程度の体長にまで育ち、その寿命はなんと3年から5年と大変長くなっています。(普通の働き蜂の寿命は数か月程度です。)
そんなローヤルゼリーには、必須アミノ酸を含む15種類のアミノ酸とビタミンB群を中心とした10種類以上のビタミン、鉄分や亜鉛などのミネラル類も豊富に含まれています。
免疫力を上げる効果や、代謝を高める効果、アンチエイジング、更年期障害、ストレス対策など、様々な不調に効果的であると考えられています。

ロスミンローヤルはどういう人におすすめ?

外側からのケアだけではなく内側からもシミ・そばかすのケアをしたい方

できてしまったシミに体の内側からアプローチしたい方

疲れやすい方

手足の冷えが気になる方

女性特有のお悩みがある方

美肌だけでなく健康面のケアも合わせてしたい方

肌が弱く美白化粧品が使用できないがシミ対策をしたい方

ロスミンローヤルについて詳しく見てみるならこちら。
ロスミンローヤルについて詳しく見てみる

シミやそばかすができてしまう原因は何?

そもそもシミやそばかすができてしまう原因な何なのでしょうか。

紫外線

お肌にシミができる最も大きな原因として挙げられるのが「紫外線」です。確かにお肌にできてしまったシミはとても気になりますが、紫外線が原因でできたシミは、身体を紫外線から守ろうとしてできたものなのです。
過剰な紫外線を浴びると、お肌が炎症を起こしてしまい細胞が傷つけられてしまいます。
そうなってしまうのを守ろうとして、メラノサイトからメラニン色素を出し、肌を守ろうとしているのです。
通常ですとメラニン色素は肌のターンオーバーが進むにつれて表皮層へと押し上げられ、最終的に垢と一緒に剥がれ落ちていきます。
日焼けをしても数か月たつと元のお肌の白さに戻るのはそのおかげです。
しかし、このターンオーバーがうまくいかず、メラニン色素が居座ってしまうことでシミにつながってしまいます。
また、長年紫外線を浴びている年齢を重ねた方、屋外でのお仕事やスポーツがお好きな方なども、メラニンの生成サイクルがおかしくなってしまい、シミにつながるといわれています。

活性酸素

人が息をするだけで発生してしまう活性酸素。悪者なように思われていますが、代謝を行う上で必ず出てくるものですし、細菌類を駆除する働きも持ち合わせています。
酸化させる力が大変強いので、その量が適量であれば細胞を守る力が優位になりますが、一定量を超えて増えすぎてしまうと細胞を傷つける要因となってしまいます。
活性酸素により細胞が酸化されると、さび付いていくかのようにその機能は衰えていってしまいます。
そして、お肌のトラブル、生活習慣病などの原因につながると考えられています。
この活性酸素からのダメージを緩和すると考えられているのがメラノサイトから出るメラニン色素です。
活性酸素により傷つけられそうになる細胞の盾となり、代わりに酸化されることで細胞を傷つけないように働いてくれているのです。
しかし、過剰に活性酸素が発生する状況がつづいてしまい、あまりに多くのメラニン色素が生成されると、その代謝が追い付かずにそのまま色素が肌に残り、シミとなってしまうといわれています。

炎症

炎症が起こる原因として紫外線による日焼けが一般的ですが、化学物質や植物、何らかのアレルギーによる継続的な炎症もシミの原因になると考えられています。
たびたび同じ場所で繰り返されると、炎症による細胞へのダメージをやわらげようと働いていたメラノサイトが暴走をし始め、継続的にメラニン色素を生成してしまうことがあると考えられています。

シミにも種類がある

シミの種類も様々です。

老人性色素班

一般的に「シミ」といわれるのがこの、老人性色素班です。主に日焼け(紫外線)によるダメージからできてしまうシミのことを言います。ほくろのように丸い形のシミであることが多く、紫外線を浴び続けることでさらに大きく濃くなっていくといわれています。
表皮にある段階であれば、シミの根がまだ浅いので化粧品や薬品で改善できる可能性もありますが、長期間経過しシミの根が深くなってしまうと、その分取れにくくなってしまいますので早めの対策が有効であると考えられています。

炎症性色素沈着

紫外線が原因ではなく、アトピー性皮膚炎、かぶれ、ニキビなどが慢性的にできてしまい、炎症を繰り返すことでできてしまう色素沈着です。
いわゆるシミのように丸い形で現れる場合もありますが、傷や炎症の範囲の形がそのままぼんやりとしたシミとして残る場合が多いです。
また、やけどや傷、ニキビなどの一時的な炎症でも色素沈着を起こします。
これらは慢性的な炎症によるものよりも改善しやすいといわれていますが、年齢を重ねていくにつれて肌のターンオーバーが遅くなっていくことで定着してしまうこともあるので注意が必要です。

そばかす

目元や頬の高い位置などに小さく散らばってできる茶色い斑点のことをいいます。
先天的なものと後天的なものがあり、先天的なものは思春期に増え、それを過ぎると自然と消えていく場合もありますが、後天的なものは自然に消えることはほとんどないと考えられています。
遺伝的な要因が強いのも特徴の一つです。
紫外線、ストレス、肌に合わない化粧品、睡眠不足などが影響し症状を悪化させてしまうので、日々予防を行うことが必要です。

肝班

肝斑は30代から40代の女性中心にできる、頬骨の上から目の下あたりに左右対称にできるシミのことを言います。
もやもやと肌の内側にできるタイプのシミで、ぽつぽつとできるシミとは少しタイプが違います。
女性ホルモンのバランスの乱れが原因でできると考えられており、妊娠中に濃くなることもあります。
また、ピルなどの経口避妊薬が発症を促すこともあります。ストレスによってホルモンバランスが乱れてしまうと症状が悪化することもあるといわれており、ストレスとの関係性が強いとも考えられています。
飲み薬での治療が一般的で、トラネキサム酸という成分が効的であるといわれています。

シミやそばかすができないために気を付けたいこと

とにかく一番大切なのは紫外線をカットすること

お肌に紫外線が過剰に当たることで、メラニン色素を生成するメラノサイトが暴走し、シミやそばかすの原因になることは、ここまでで何度かお話ししたのでお分かりのことかと思います。その紫外線からお肌を守るために、

・5月~9月の紫外線が強い期間は、紫外線の強い時間をさけて外出する午前10時から午後16時はピークタイムといわれているので要注意

・日傘や帽子を駆使し、紫外線をカットする

・日焼け止めクリームをこまめに塗りなおす

上記のことに気を付けましょう。

紫外線を浴びた後のケアをしっかりとおこなう

うっかり紫外線を浴びてしまうこともあると思います。そうなってしまったときは、アフターケアを念入りに行うことが大切です。
もし肌がほてるほど紫外線を浴びてしまったのであればお肌をクールダウンさせてあげるために、お化粧水を冷やしていつもより念入りにパッティングしてあげるなどいつものケアにプラスして行ってあげてください。
また、体の中からのケアも有効ですので、サプリメントを飲むなどのケアもしてあげるとよりよいでしょう。

ストレスをためない生活を送る

シミやそばかすの原因は紫外線だけではありません。
ストレスがかかると発生する活性酸素もシミやそばかすの原因となります。
過度なストレスがかかり続ける状況をさけるために、自分がリフレッシュできる方法を探し、適度に行うことがおすすめです。

抗酸化力の高い成分を意識して摂る

活性酸素から細胞を守ってくれるのは、メラニンだけではありません。
細胞が活性酸素により酸化されてしまうのを自身が身代わりになって酸化されることで守ってくれる成分もたくさんあります。
たとえば野菜や果物に含まれるビタミンC、アーモンドやゴマなどに含まれるビタミンEなどはその代表格。
そのほかにも、鮭のなどに含まれるアスタキサンチンなども抗酸化力の高い成分です。
お食事やサプリメントで普段から意識して摂取してあげることで、からだの中からシミとそばかすの対策が可能です。

さいごに

今回は、シミやそばかすを消す美白化粧品ということで紹介してきました。
シミやそばかすを薄くするには濃くなる前からケアすることが大切になります。
シミやそばかすをそのままにしておくとどんどん濃くなり、薄くすることが困難になります。
できるだけ薄いうちから美白化粧品を使用することがシミやそばかす対策には大切なことです。
美白ケアを怠ってしまうと何もしないということがシミやそばかすを進行させる大きな要因でもあります。
できるだけ早めに行動することをおすすめします。

行動に移せば、きっとあなたは鏡を見ることが楽しくなるはずですから。

それでは最後にランキングを再掲載します。

1位

ビーグレンについて詳しく見てみる

2位

3位

年々こくなるそばかすでお悩みのあなた【フレキュレル】

4位

ホワイトニングリフトジェルについて詳しく見てみる

投稿日:

Copyright© シミそばかすを消す美容化粧品ランキング。おすすめはどれなの? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.